FC2ブログ
2009
07.30

H様邸新築工事進捗状況

Category: 建築
おはようございます

今回は、金物ですが、

ジーバ (GVA) と言う地震エネルギー吸収システムの説明をいたします。
勿論、H様邸にも施工しております。
P7230001_convert_20090730114531.jpg
P7230003_convert_20090731132505.jpg



上の写真は二枚とも、H様邸の施工写真です。
黒く見える物がジーバのスチールユニットです。

地震国日本では、建築基準法において、震度6強で倒壊しない設計、施工を求めております。
そこで建物を地震から守る為に、登場したのが、下記で説明いたします、3つの構造です。

GVA01_convert_20090730121551.jpg
一番一般的な工法です。建物を固めて強くしておりますので、大きな地震エネルギーを吸収すると
言う考えはないですね、ですから、限界を超えて傾いた場合のリホームは大きな工事になります。

GVA02_convert_20090730121633.jpg
非常に良い工法です。個人的にもお勧めです。ただ、風圧の影響を受ける事により、地震時と同じ動きをするシステムもありますので、その点がクリアーにされているシステムを選びたいですね。
以外と、各社でオリジナルのシステムが多くでております。後はコストパフォーマンスが良ければ、
もう少し市場に出回るでしょう。

GVA03_convert_20090730121659.jpg
このシステムが、今当社が取り入れているジーバ工法になります。
ジーバ工法は制震工法です。

GVA04_convert_20090730121728.jpg

大学教授も薦めておられます。

GVA05_convert_20090730121751.jpg
有名な建造物にも同じシステムが使われております。
大きなビルだけでなく、戸建住宅に今最も適している工法であると、私は思います。

ジーバについて、総合パンフレットや実験風景のDVDなど沢山の資料を用意しておりますので、
この機会に是非資料請求して頂き、皆様の家作りの参考にして頂きたく思います。


現場監督より


 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ  
↑ランキング参加中です...よろしければクリックお願いします


スポンサーサイト



Comment:0  Trackback:0
back-to-top