FC2ブログ
2009
06.20

木製バルコニー補修工事 ― 後編 ―

Category: 建築外構工事
前回に引き続き、「木製バルコニーの補修」についてです。
梅雨の時期は、天気予報と相談しながらの作業になります。
今回は幸いにも日程通りに進めることができました。


さて、前回は記述しませんでしたが、手摺部分も同時進行で補修していますのでまずはそちらについて。




上の写真は、手摺の笠木を剥がしたあとのコーナー部分2個所です。
実はこちらも腐食がありました。

両側ともに痛んでいますが、雨水の浸入度合等で痛みの差が出たのでしょうか。痛み方が異なりますね。
釘の弛みや浮きもチェックして補修します。




塗装後、こちらもコーキングで充填。
一旦、雨水が浸入すると、内部は乾きにくいため、腐れが進行するだけでなく、シロアリを誘引する原因
にもなってしまいますので要注意です。

この上からさらに防水テープをしっかり施しました。




笠木を固定し、隙間もぬかりなくコーキングを。
ちょっとしたことですがこちらも重要なところです。




内側にパンチングメタルを貼り・・・
これで作業終了です!
右の写真の施工前と比べて、バルコニーが明るい印象になりました^^


木製バルコニーは、その雰囲気が魅力的ですが、やはりメンテナンスは不可欠です。
バルコニーは見た目以上に、安全性が大切なのは言うまでもありません。

ちなみに、外部で使う木材で最も雨に弱い部分は、平場(上向きの材表面)と木口です。
平場は収縮割れのみでなく、太陽光等により生ずる表面の細かい干割れに雨水が浸入しやすく、
浸入すると簡単に抜けません。この為に腐れが進行してしまうということがあります。
また、導管等を丸出しにした木口は極めて水を吸い易く、乾燥収縮による割れが、この傾向を助長
すると言われています。

その点でも、前回ご紹介した『ノンロット205N』はオススメです。


定期的に塗り替えを行うだけで、紫外線や雨水から痛みを防ぐことができますので、
長持ちさせる為にも、ちょっと気にかけて手をかけてあげてくださいね。


疑問やご相談についても承ります。どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。


 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ  
↑ランキング参加中です...よろしければクリックお願いします

スポンサーサイト



Comment:0  Trackback:0
back-to-top